B級父さんのブログ

30代(アラフォー)男性(父親)の頭の中。ダイエット、漫画、もらってうれしいプレゼントなど興味のあることを書いていくブログです。

スポーツ

リオジャネイロの治安とかリオ五輪のドーピング問題、日本代表の状況など

リオデジャネイロ 治安

ここ最近、フジテレビの27時間テレビの情報ばかり発信していたので、そろそろ違う話題に移りたいと思います。

さて、リオオリンピックの開催が近づいてきましたね。

リオデジャネイロではどんな種目にどんな選手が出場するのか気になるところですが、とにかく日本代表の活躍に期待したいところです。

ほかにも、リオの治安やドーピング問題、日本代表の状況など気になることがいろいろあります。

というわけで、現在わかっている範囲でのリオ五輪最新情報をまとめて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

リオデジャネイロの治安やジカ熱は大丈夫?

ブラジルでは不審物の通報が相次いでいるようで、ブラジリア連邦直轄区の軍警察が爆破処理もしているようです。

観光スポットにもなっているノッサ・セニョーラ・デ・ファーチマ教会やプレジデンテ・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港、サンパウロ市内の地下鉄・近郊都市鉄道のルス駅、サンベルナルド・ド・カンポ市内アンシエンテ公園内の体育館などに軍警爆弾処理班が出動しているんですね。

 

防弾仕様車が人気!

リオデジャネイロでは強盗事件が急増していて、強盗発生率は日本の数百倍とかなり危険な場所ではあるようです。

クレー射撃の日本選手が銃撃戦にまきこまれてたりもしていましたが、少年グループなどによるひったくりなども日常茶飯事で、やはり治安には不安がありますね。

ちなみにリオではガラスが厚く弾を通さない防弾仕様の車が人気で、日本からのツアー参加する人の間では防弾仕様車のレンタルを利用していたりもするそうです。

警察だけでなく軍隊も多く動員されているようで、道路では装甲車が行き交い、リオ上空では戦闘機も飛んでいる状況となっているので、国をあげて対策していることがわかります。

 

ジカ熱の感染も不安…

ジカ熱についてですが、今のところジカ熱の感染はピークを過ぎているみたいです。

ただ、ジカ熱の感染を懸念してリオ五輪出場を辞退している選手もいるだけに、やはり気になるところですね。

治安やジカ熱などの不安もありますが、それだけでなくブラジルのルセル大統領の汚職関与で職務停止となり政治も混乱しているようで、リオ五輪開催には何かと不安が多いですね。

やはり選手もそうですが、応援に行く人たちにとっても治安が大丈夫なのかが最も気になることだと思うので、今後もリオデジャネイロの治安に関する最新情報をお知らせしていけたらと思います。

 

リオ五輪出場予定の選手のドーピング問題

国際柔道連盟と国際射撃連盟がロシア選手のリオ五輪出場を認めたようですね。

ロシア国外の大会で検査をしてきているので、ドーピングに関わっていない選手はもちろん処分を受けていないし、IOCが定めている基準もクリアしているとのこと。

ただ、国ぐるみでドーピングを行っていたと認定されているようで、かなり国際的な批判を浴びているのが現状です。

もしこれで金メダルを獲得するようなことがあれば、さらに批判が強まりそうですね。

 

内部告発してもダメ

陸上女子中距離のユリア・ステパノワ選手が内部告発したことによって、国際陸連から出場を認められたようですが、IOCは過去に違反歴があるという理由で認めなかったそうです。

せっかく内部告発してもこんな状態では、ドーピングが無くならないような気がしますが。

現在、ロシア代表としてテニス、アーチェリー、馬術も出場を認められていますが、競泳のエフィモア選手のほか、自転車やボートなど多くの競技で出場できない選手がいると報じられていますが、今後も他の国でもドーピング問題で出場できない選手がでてくるのでしょうか?

 

インドでもドーピングが!

インドではアジア陸上選手権男子砲丸投げ優勝者のインダージート・シン選手とレスリング男子代表のナルシン・ヤーダブ選手も、筋肉増強作用のある禁止薬物アンドロステロンの陽性反応が出ているそうです。

水や栄養補助食品の汚染であったり、陰謀説などだったりとそれぞれ主張があるようですが、自分の管理している範囲を越えたところでドーピングになっているとするなら、オリンピックに出場するために頑張ってきた選手がかわいそうですね。

 

リオ五輪日本代表の動きは?

日本代表選手も徐々に現地入りしているようで、

  • サッカー男子日本代表はブラジル北東部アラカジュで合宿中
  • 競泳女子の金藤理絵選手、内村航平選手を含む体操男子日本代表は直前合宿地のサンパウロからリオ入り
  • セーリング女子レーザーラジアル級の土居愛実選手とセーリング男子470級の土居一斗選手は成田空港発の航空便で経由地ニューヨークに向かう
  • 日本のカヌー代表はリオ選手村に入村
  • 新体操の日本代表「フェアリージャパンPOLA」は東京都内で記者会見

といった状況だそうです。

危険な地域で開催されるリオデジャネイロ五輪ですが、日本代表が全力を発揮してメダルを獲得したらうれしいですね。

今後もリオオリンピック日本代表選手の状況をお知らせしていきたいと思います。

-スポーツ